2018年世界の保険損失額トップ10は?

2018年は世界の損保会社にとってどんな年だったか 戦争、紛争、飢餓、テロ、難民・・・世界にはいろんな問題がありますが、こと2018年の損害保険の支払対象となる事故・自然災害トップ10について世界的な保険ブローカーであるAON社がレポートをリリースしておりました。 まず、2018年は世界全体で約90 […]

フリート契約(10台以上の自動車保険契約)の保険料を下げる6つの例

フリート(10台以上)契約とノンフリート(10台未満)契約の違い 同一契約者で10台以上の自動車保険を契約する場合を「フリート契約」と呼んで、10台未満の契約(ノンフリート契約)と区別しています。 ちなみにWikipediaによれば、”fleet”とは、「海軍の戦闘艦の集団で […]

【火災保険】同じ事故原因で何度も保険金請求してもよいのですか?

同じ事故原因で何度も保険請求しても問題ないのか? 企業の火災保険契約では、その企業特有の事故が何度も起きることがあります。 たとえば、地域柄、毎年落雷があるとか、大型の物流施設でトラック等による当て逃げが多いとか、豪雪地域で毎年雪害があるとか、山林地帯でよく獣害が発生するとか、毎年台風で何かしら破損 […]

世界の国別損保市場トップ10は?

損保ジャパン日本興亜総合研究所訳、米国保険情報協会「インシュアランスファクトブック2018」によれば、各国別の損害保険市場トップ10は以下のようになっています。 (数字は2016年度、レートはUSドル円110円で計算)   国 損害保険料 GDP GDP比 1 アメリカ 87.3兆円 2058兆円 […]

2019年オリコン自動車保険ランキング(代理店型)の上位7社は?

オリコン調査の信頼性は? オリコンランキングの特徴は実際のユーザーからネットでアンケートを取得、および統計学系の外部アドバイザーも活用しながらランキングの信頼性を確保しているとのこと。 自動車保険分野は大きく代理店型とダイレクト型があり、代理店型はその名の通り保険代理店を通じて自動車保険に加入すると […]

賠償責任保険の「事故発生日ベース」「損害賠償請求ベース」ってなに?

損害保険のなかでも、賠償責任保険特有ですが、「事故発生日ベース」「損害賠償請求ベース」という考え方があります。 事故が起きた際には、「事故発生日ベース」「損害賠償請求ベース」のいずれの方式で保険契約がなされているかで、保険金支払対象になる場合とならない場合があるので、念のため注意が必要です。 事故発 […]

利益保険の保険金額はどのように設定する?

欧米に比べ日本企業は利益保険の加入率が低い 日本のほとんどの企業が火災保険(財物保険)に加入していると思いますが、利益保険については欧米に比べ加入率が低いと言われます。 業態にもよりますが、火災や自然災害で所有施設がダメージを受けた場合、財物の復旧にかかる費用よりも失われる利益の方が大きくなるケース […]

サイバー保険に加入している企業の割合は?

サイバー保険に加入している企業の割合は12%(2019年時点) 損保協会が2018年12月5日~2019年1月11日の間に日本国内企業1,113社にアンケート調査を行ったところ、サイバー保険に加入している企業は12%だったとのこと。 日本損害保険協会『数字でみるサイバーリスクと保険』 サイバー保険が […]

損害保険契約の期日変更は可能でしょうか?

損害保険契約の保険期間変更方法 ときどき、「保険の期日を変更することはできますか?」と質問を受けることがあります。 会計上、主に年度に合わせたいというニーズが多いように思いますが、保険の期日を変更することは可能です。 たとえば、3/1期日の損害保険契約があるとして、4/1期日にしたい場合。 4/1付 […]

荷物用リフトは昇降機賠償責任保険の昇降機になりますか?

昇降機賠償責任保険とは エレベーター、エスカレーターを所有、使用または管理している場合、昇降機賠償責任保険に加入しておく必要があります。 昇降機賠償責任保険とは、その名のとおり、昇降機(エレベーター、エスカレーター)の欠陥や運用・管理の不備によって対人または対物事故が起きた際、その賠償金をカバーする […]

火災保険の質権設定とはなんですか?

質権設定とは? 銀行から融資を受けて建物を建てたり、設備を購入したりすると、銀行から「火災保険に質権を設定してください」と言われることがあります。融資の際の一つの条件になっている場合があるのですね。 火災保険における質権設定とは、保険の対象物件が火災などで損害を受けた場合の保険金請求権を銀行(金融機 […]

ゴルフクラブが破損!保険金請求はどうしたらよい?

ゴルファー保険とは 昔ながらの優良企業に多いような気がしますが、企業のなかにはクラブ活動があって、「ゴルフ部」が存在するケースがあります。ゴルファー保険についてはゴルフ部で「団体ゴルファー保険」として部員一括で付保しており、「クラブが壊れたんだけど・・」という問い合わせがよくあります。 まず、ゴルフ […]

【企業向け】従業員の労務・メンタルヘルス等の専門機関による相談サービスが無料で受けられる方法とは?

人事労務担当者は大変な時代 働き方改革や人手不足、ブラック企業レッテル、有給休暇の一定日数消化の義務化、ストレスチェックなど、企業の従業員に対する人事・労務管理は高度化を余儀なくされています。 雇用される立場からいえば待遇や福利厚生の拡充につながり良い傾向が続いていると思いますが、一方、企業の労務管 […]

賠償責任保険の支払限度額はいくらに設定すればよいのでしょう?

賠償責任保険の種類(例) 法人として事業活動を行っている場合、何らかの賠償責任保険に加入していることがほとんどでしょう。 (↓賠償責任保険の例) 賠償責任保険の種類 対応するリスク ・施設賠償責任保険 施設の所有、使用、管理および業務遂行上の対人・対物リスク ・生産物賠償責任保険(PL保険) 生産、 […]

バイトテロにより被る損害をカバーする保険は?

SNSですぐに拡散される時代 飲食店舗など主に個人消費者向けのビジネスが関係すると思いますが、アルバイト社員による不適切行為動画をSNSにアップするようないわゆる「バイトテロ」が話題になっています。 バイトテロの例 『くら寿司』 魚をごみ箱に捨ててから拾い、また調理しようとした。 『セブンイレブン』 […]

再保険マーケットはいまどんな状況ですか?

再保険とは? 以前も触れたことがありますが、再保険とは「保険会社のための保険」とも言われ、巨大地震や大型台風、大規模洪水、巨大施設の大規模災害など、保険会社1社では対応しきれないような損害が生じても顧客へ滞りなく保険金を支払うことができるようにするために、元受保険会社が保険料の一部を再保険として再保 […]

【PL保険】売上高、保険料、損害額の関係は?

PL保険の保険料目安は? PL保険(生産物賠償責任保険)とは、企業が製造したものの欠陥に起因し、対人・対物事故が発生した際、その賠償金(治療費、慰謝料、休業損害、修理代、弁護士費用など)をカバーする保険で、PL保険を設計する際は、「業種」と「売上高」をベースに保険料を計算する場合が多いです。 顧客の […]

賠償責任保険が重複している場合、保険金はどのように支払われますか?

「賠償責任保険が重複している場合、保険金はどのように支払われますか?」と質問を受けることがあります。 ↓正解はどれでしょう? 1.両方支払われる(儲かってしまう) 2.一方からだけ支払われる 3.按分して支払われる 実際の事故の際には、保険会社や契約している保険の約款にて正確なところを確認して欲しい […]

企業向け損害保険の見積もりって何日くらいでできるんですか?

1日あれば保険スタートに間に合う場合もある。 企業向けの損害保険は1年契約が多く、その場合、毎年更新があります。 2年・3年・4年・5年契約などもありますが、比較的1年契約が多い傾向にあります。 これは、保険会社が1年契約しか認めていない保険商品もあれば、慣例的に1年契約にしていることもあるでしょう […]

保険業界2018年の重大(10大)ニュースは?

2018年の年末ですが、保険毎日新聞社が保険業界の2018年重大ニュースとして以下のようなものを挙げていましたので振り返りの意味で念のためメモしておきたいと思います。 自然災害支払保険金が東日本大震災に匹敵 / 火災保険参考純率引上げで各社19年には引上げ実施へ / 廃止代理店の増加が続く厳しい状況 […]

東京海上日動のリニューアルした保険管理アプリ「モバイルエージェント」をつかってみた

個人向けですが、東京海上日動では、保険管理アプリ「モバイルエージェント」を2019年1月に大幅リニューアルしたとのことで、ちょっと使ってみた感想を記しておきます。 (アンドロイド、iOS両方あります) 主な機能1 他社の損保、生保も管理できる これは良い機能ですね。 当たり前かもしれませんが、個人で […]

賠償責任保険の保険金は自社で受け取ってもいいんですか?

当事者間の都合で保険金の振込先は選択できる 業務上、他人への対人賠償・対物賠償事故が発生してしまい、賠償責任保険の保請求をする場合、「保険金は自社で受け取ってもいいんですか?」という質問をいただくことがあります。 対人賠償で保険支払対象となる費用の例 ・治療費(関連する交通費含む) ・休業損害(過去 […]

【火災保険】事故原因がはっきりしない場合でも保険金は支払われますか?

事故原因が明確でなくても保険金請求は可能 火災保険に関して、施設の損傷があったとして事故報告を頂く際、事故原因が明確でない場合がときどきあります。 たとえば。 ・施設が損傷しているのを発見。原因者不明。(おそらく車が接触したものと思われる) ・配電盤等がショートしていた おそらく雷によるものだと思う […]

保険会社の業務に生かされるドローンとは?

損保会社の業務は、簡単にいえば、適切に保険を引き受けて、事故があったら適切に保険を払うことです。 近年、普及が加速しているドローンが保険会社の業務にも役立ちつつあるとのこと。 日新火災 ドローン活用で寺社仏閣の物件調査 一般的に、保険価額の評価が難しいとされる寺社仏閣に対して日新火災では「寺社仏閣プ […]

20年後の企業向け損保はどうなる?

根拠も何もありませんが、20年後くらい(2040年前後)の日本の企業向け損害保険の取引がどうなるか、企業向け損保代理店として、保険種類ごと、取引形態など予測してみたいと思います。 20年後だとまだ私も現役だと思いますので、未来を予測しておくのはこれからの仕事の仕方にもつながるかもしれないということで […]

財物損害が生じた際、保険金査定前に先に修理を進めてもいいですか?

保険事故の際、先に修理を進めてもよいのかどうか 火災保険などの損害保険に加入していて、火災事故や風災事故などが起きた場合、代理店や保険会社へまずは事故報告をすることになります。 保険金支払査定にあたっては、 ・事故報告書(事故日、事故原因、損害状況など) ・写真 ・修理見積り 少なくともこのあたりを […]

事故時の支払保険金に納得できずそんぽADRに相談する人はどれだけいるんですか?

保険会社も間違うことがあると考えるべき 何か事故があって保険請求する場合、保険会社からの支払保険金の案内について「間違いない」とか「それに対して異議を申し立てるなんておこがましい」などと考えてしまっている方がいますが、保険会社もたまに間違いますので注意が必要です。 たとえば特約を見落としていて誤った […]

巨大地震発生時の初動対応は何をすればよいか?(総務担当者向け)

災害発生時に中心的役割を果たさなければならない総務担当者 日本企業の場合、保険を担当するのは「総務部」が多いと思います。 「総務部」という部門名称がない会社の場合は「管理部」とか「経営企画部」とかが多いですね。 または、社長自らが保険を担当している場合もあります。 保険を扱うということは会社のリスク […]

インドはどれだけ交通事故・交通事故死者数が多いのか?

先進国の交通事故死亡者数は? 以前、日本と世界各国の交通事故死者数、事故率は?という記事を書きました。 ドイツ、フランス、イギリス、オランダ、アメリカ、韓国、日本など比較的先進国の自動車事故事情を調べたのですが、ざっくりいうと、 ・アメリカは保有台数も多いので交通事故死者数も多い、事故率も高め ・1 […]

賠償責任保険が付いている産業ドローン用アプリとは?

急拡大中のドローン市場 この数年で急に利用シーンや市場が伸びている感のあるドローン。 安定した飛行と高機能カメラのおかげで、大規模工事現場や橋、道路などのインフラ、施設の点検・警備、危険区域・高所からの映像確認や、農林・漁業の作業の効率化、配達などに活用されており、ますます普及し、生産性の向上に大き […]

2018年9月の台風21号被害による保険金支払は歴代何位?

2018年9月4日前後に関西地区を襲った台風21号は凄まじい威力で、たまたま関西圏にいた私としては人生で最も強烈な風力を体感した出来事でした。 関西圏の取引先は数十社ありますが、施設を保有している企業は、屋根、壁、ガラス破損など多かれ少なかれ何らかの物的被害があり、被害がなかったという企業はごくわず […]

「LINEほけん」は何がすごいのか?

今回は企業損保と直接関係ないかもしれませんが、フィンテック(インシュアテック)の話としてLINEほけんについて触れてみたいと思います。 スマホにLINEアプリが入っていれば、「ほけん」のボタンがあって、最低100円からとお手頃な保険料でお手軽に保険に入れちゃうという仕組みです。保険に加入するには、個 […]

2025大阪万博で関係する損害保険は?

2025年の万博楽しみですね! 2025年に大阪で開催されることが決まった万博。 万博の想定来場者数2800万人、期待できる経済効果は2兆円にもなるとか。 また、日本にとって次のような良い効果が期待できるそうです。 1.最先端技術など世界の英知が結集し新たなアイデアを創造発信 2.国内外から投資拡大 […]

保険代理店におけるBCPとは?

近年でいえば津波や大規模水害、地震の際、保険代理店そのもののBCPがクローズアップされるということがありました。 保険契約者(被保険者)が被災しているとき、同時に保険代理店も被災してしまい、十分な事故対応ができなくなる場合があります。 (BCPとはBusiness Contnuity Planの略で […]

建築工事に関わる損害保険についてざくっと全体像を教えてもらえますか?

建築工事と損害保険は関係が深い!? 損害保険は偶然かつ突発的な事故によって何かしらの金銭的損害を被った場合に、保険金にて補てんを受けることができる商品ですが、とりわけリスクの高い業種の一つと言われているのが建設関係です。 工事中は重機や車両が入ったり、同時に元請会社や複数の下請会社の方々が入り乱れて […]

再保険会社とはなんですか?

一般の保険契約者にとっては「再保険」とは馴染みのない言葉または仕組みかもしれません。 再保険とは「保険会社のための保険」とも言われ、巨大地震など保険会社1社では引受きれない損害に対しても保険金を滞りなく支払えるようにするために、元受保険会社が保険料の一部を再保険として再保険会社にリスク移転している、 […]

保険料の算出基礎数字ってなに?

保険料は算出基礎数字を基に計算される 企業で損害保険を担当している方なら、損保の見積もりを依頼する際、保険代理店または保険会社から「保険料算出基礎数字として●●●を教えてください」と依頼されたことがあると思います。 たとえば、施設賠償責任保険なら、その施設の延床面積だったり、工場なら賃金総額だったり […]

2018年、台風などの被害が大きかったけど損保会社の中間決算は?

11/19に損害保険会社各社の上半期(中間)決算が発表されました。 9月までの大型台風等の影響により損保会社合計で1兆円を超える保険金支払が見込まれるとあって、わたしの予想としては各社赤字になるのかなと思っていましたが、どうやらそうでもないようです。 ↓2018年4-9月   連結経常利益 連結純利 […]

場所を借りてお店をオープンします。どんな保険に入ればよいですか?

飲食店舗や物販店舗、サービス店舗など、場所を借りてお店をオープンする場合、どんな保険に入っていたらよいか尋ねられることがあります。 既に何店舗かあって、ひとつ追加する場合は、これまでと同じように保険付保しておけば良いのでしょうが、最初の1店舗目はすべてが初めてですから、保険もどうしたら良いか考えなく […]

【火災保険】小さい物件程しっかり保険金額を確かめるのはなぜ?

小さい物件の方が事故時に問題になりやすい 火災保険契約で、1箇所で資産規模数十億円、数百億円など大きな物件の場合、正しい保険契約をするために、専門の鑑定人をいれて、「平場鑑定」を行うことが多いです。 「平場鑑定」というと聞きなれない言葉遣いですが、事故時との対称で「平場」というのだとか。 事故が起き […]

【傷害保険】保険金が支払われない主なケースとは?

傷害保険はケガをした場合に予め定められた保険金が支払われるものですが、一般的に以下のような場合には保険金は支払対象外となりますので、覚えておくと良いでしょう。 契約者または被保険者の故意または重大な過失 自傷行為とか、ケンカとか、「これやったらまずケガするよね」と認識しながら行った行為については保険 […]

【火災保険】保険金を受け取ると翌年の保険料は上がるんですか?

火災保険には明確な割増引きのテーブルはない 保険事故によって保険金を支払う際、「保険をつかったら翌年の保険料はどれだけ上がりますか?」とよく質問を受けます。 個人の自動車保険のように、保険を使えば保険料が上がるとお考えの方もいらっしゃいますが、企業の損害保険は必ずしもそうではありません。 自動車保険 […]

【火災保険】保険金支払の回答はどのように来ますか?

2018年の夏から秋にかけて日本中広範囲に渡って台風被害が多く、火災保険が大活躍しました。 台風等によって保険対象物件(建物など)に被害を受けた場合、 ・保険代理店または保険会社へ連絡   ↓ ・主に修理見積もりや写真にて保険金支払査定  (高額の場合などは損害鑑定人または保険会社による現場調査) […]

BCPが機能すればどんな巨大災害でも乗り越えられるのか?

BCPとは BCPとはBusiness Continuity Planの略で、日本語でいえば「事業継続計画」となります。 巨大災害や大事故で被害を受けたとしても自社の事業をなるべく早く復旧させるための計画を策定することを意味しており、有事の際には、誰がどんな対応をしていくのか等をマニュアル化する作業 […]

サイバー保険 最近の動向は?

不正アクセスなどのサイバー攻撃に対応する保険として、2~3年程前から各損保会社で企業向けに提供されているサイバー保険(商品名は各社によって異なる)ですが、様々ある損保商品の中でもとりわけ新規契約数が伸びているそうです。 Economic Newsによれば、2018年9月は東京海上日動では前年同月比1 […]

損害保険代理店の手数料はどれくらい?

損保代理店の手数料と代理店の存在意義 お客さんからあまり直接聞かれることはないのですが、保険料のうち代理店の手数料はどれくらいなのか気になる方もいらっしゃると思います。 ネットで検索すると、損害保険の場合、保険料の15~20%が代理店の手数料として一般的というサイトもありますが、概ねそんな感じだと思 […]

中小企業もサイバー保険に加入するべき理由とは?

2018.11.6の日経新聞記事に「サイバー攻撃、中小企業を踏み台に大企業襲う」というものがありました。 確かに、という感じですが、セキュリティの弱い中小企業のPCに入りこんで、そこからつながっているサプライチェーン上流の大企業にアタックを仕掛けたり、その中小企業になりすまして請求書を送り付けたりし […]

少額保険料でも使えるスマホコンビニ決済とは?

損保ジャパン日本興亜は、2018年11月半ばから、スマホを使って自動車保険料や火災保険料の一部をコンビニで支払えるサービスを開始したとのこと。 保険料の支払い方としては、昔(十数年以上前)は代理店が領収する方法か、口座振替しかありませんでしたが、この10年くらいで様々な支払い方が増えてきました。 保 […]

傷害保険の保険金請求はいつしたら良いですか?

基本的には治療完了後に保険金請求書類を提出する 従業員などがケガをした場合、「保険金の請求はいつしたら良いですか?」と聞かれることがあります。 保険金請求にあたっては、 ・保険金請求書(請求者の署名等、保険金振込口座など) ・入通院申告書(保険金請求額が10万円以内) ・医師の診断書(保険金請求額が […]

1 3