2018年、台風などの被害が大きかったけど損保会社の中間決算は?

2018年、台風などの被害が大きかったけど損保会社の中間決算は?

11/19に損害保険会社各社の上半期(中間)決算が発表されました。

9月までの大型台風等の影響により損保会社合計で1兆円を超える保険金支払が見込まれるとあって、わたしの予想としては各社赤字になるのかなと思っていましたが、どうやらそうでもないようです。

↓2018年4-9月

  連結経常利益 連結純利益   最終純利益見通し
東京海上HD 751億円 539億円 3200億円
SOMPOHD 278億円 221億円 1700億円
MS&ADHD 753億円 463億円 2000億円

通期見通しとしては、SOMPOホールディングスが最終利益見通しを下方修正、東京海上ホールディングスとMS&ADは通期見通しを維持したということです。

あれだけの被害があったのに赤字どころか2グループは最終利益の見通しは維持というからすごいですね。というか、顧客から「保険料取りすぎてるんじゃない?」という批判も出そうです。

2019年秋に保険料を5%前後上げる見込みというけどそんな必要ないんじゃない?と感じる方もいるでしょう。

しかしながら、内訳をよく見てみるとグループ全体では利益が出るけど、国内損保事業だけ切り取るとやはり赤字だったり、利益が少なかったりするようです。

たとえば東京海上HDの損保会社である東京海上日動単体の保険引受成績を見ると、このようになっています。

(単位:百万円)

ざっくり、収入保険料が1兆円で、支払保険金が6240億円、その他経費(社員給与も含め)を差し引くと、マイナス1140億円となっています。

単純に、国内損保事業だけだとやはり大赤字だったのですね。ちなみ前年の中間決算では保険引受利益は110億円ほどの黒字だったようです。

これでは事業は立ちゆきませんので、資産運用等に加え、ホールディングスとしては、生命保険子会社、海外事業なども含めてトータルで今のところ539億円の純利益になっている、ということです。

↓東京海上HD

(単位:百万円)

海外保険会社の純利益額が824億円と突出していますね。

ほかの損害保険会社グループも、年間トータルでは1700億円とか2000億円の純利益を見込むとなっていますが、損保事業だけでなく生保事業や海外事業、その他事業を含めて数字をつくっている、ということなのですね。

(注)当サイトでは保険について一般的と思われる内容を記載しております。個別具体的な保険契約内容についてはパンフレットや重要事項説明書、約款をご確認いただくか、保険代理店または保険会社へお問い合わせください。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

損保会社カテゴリの最新記事