施設賠償責任保険 実際の高額な事故例とは?

施設賠償責任保険 実際の高額な事故例とは?

施設賠償責任保険では、
(1) 施設の所有、使用、管理に起因する対人・対物事故
(2) 業務遂行に起因する対人・対物事故
について被保険者が法律上の損害賠償を負う場合、保険でカバーされます。

↓参考

対人事故の場合は、その治療費休業損害慰謝料などが保険金支払いの対象になります。被害者が死亡してしまった場合は、亡くなったことによって失われた利益(逸失利益)が計算され、保険金として支払われることになります。

対物事故の場合は、その修理費について時価額の範囲で補償されます。同じような性能の物品で新品価格が同じだとしても、今年購入したものと、10年前に購入したものとでは、ものの価値が異なります。たとえば同じ車名・同等グレードだとしても新車と10年落ちの車では価格が全然違いますね。

施設賠償責任保険 実際の事故例

施設賠償責任保険を含めた賠償責任保険は、自動車保険と違い、保険会社による示談交渉サービスがありません。

他人への賠償事故を起こしてしまった場合、被害者と直接コンタクトを取っていくのは被保険者(会社)になります。保険会社または保険代理店は被保険者(会社)の後方支援という立場になりますので、うまくアドバイスを得ながら示談まで進めていく必要があります。

高額な賠償や、ややこしい事案については弁護士に依頼することもあるでしょう。

以下は、賠償額が約2000万円以上の実際の事故例に基づいていますが、事故概要は一般化して記載しております。

事故概要 賠償額 業種 事故分類 事故原因
スキー場で滑降中の客が転倒、周囲の雪が溶けて窪地になっている部分に落下、負傷。後遺障害が生じた。 約14,000万円 スキー場 対人 施設管理不備
賃貸ビルの排水管が詰り、汚水・雑排水が賃貸住宅部分およびテナント複数店舗に濡れ損を与え、物損害と休業損害が発生した。 約13,000万円 不動産賃貸 対物 施設管理不備
スカイダイビング参加者がインストラクターと二人でタンデムパラシュートにて降下中、メインパラシュートおよび予備用パラシュートが器具に絡まり開かなかった為、地面に激突、両名とも死亡。 約13,000万円 スカイダイビングクラブ 対人 財物管理不備
地下埋設の送水管が老朽化により破損、急勾配の市道を濁流となって流れて市道に面した住宅、店舗、医療機関等に損害を与えた。 約10,000万円 水道 対物 施設管理不備
スイミングスクールで飛び込みの指導を受けていた生徒が、プール底に頭部を強打、負傷。後遺障害が生じた。 約10,000万円 スイミングスクール 対人 指導の不備
解体施設内の廃材投入口に落下、足指等を切断する怪我を負った。 約8,000万円 金属製品製造・加工 対人 施設管理不備
レース場にてコース外に転倒した1台が、コースサイドで観戦していた子供に衝突して負傷した。 約7,000万円 レジャー・スポーツ施設 対人 施設管理不備
立体駐車場にて、メンテナンス業者が施設点検中、駐車場管理人が誤ってエレベーターを降下させたために、被災者が車体と台座に挟まれ死亡。 約6,000万円 駐車場運営 対人 業務遂行上の不備
ダイビング中に船の下を通過、突然スクリューが作動し巻き込まれ負傷。船の下にダイバーがいる旨、無線で注意喚起を行ったが十分伝わらなかった。 約6,000万円 ダイビングスクール 対人 誘導・指示ミス
遊園地で遊具から客が転落して死亡した。係員がマニュアルに反してシートベルトが締まらない被害者を搭乗させたことが原因。 約6,000万円 遊戯場、娯楽施設 対人 業務遂行上の不備
パチンコ店の地下「玉場」へ通じるマンホールを開いていたところ客が転落、負傷、後遺障害が生じた。 約5,000万円 パチンコ店 対人 施設管理の不備
ビルの暖房用燃料の重油が配管から漏出、テナント店舗内に異臭が充満し店舗の営業に支障を与え、休業損害等を請求された。 約5,000万円 不動産業 対物 施設管理の不備
スキー練習中に表層雪崩が発生して学生が死亡。練習直前の降雪状況や事故当日の積雪状況および地形等から引率者は雪崩の発生を予見することが可能だったとされた。 約5,000万円 学校 対人 指導ミス
小学校内で下駄箱が倒れ、清掃をしていた生徒が下敷きとなり負傷した。 約5,000万円 学校 対人 施設管理の不備
テレビ番組ロケ中、出演者が両手指に凍傷を負い、後遺障害が生じた。 約5,000万円 放送 対人 誘導・指示ミス
野球部員が打撃練習中、打撃投手をしていた生徒に打球が顔に直撃、負傷。後遺障害が生じた。 約5,000万円 学校 対人 指導ミス
化学工場のタンクから樹脂粒が流出、排気塔の排気風で周囲に飛散、隣接する自動車販売店の商品車両数十台に付着・汚損した。 約5,000万円 化学製品製造 対物 施設の構造上の欠陥
ゲームセンター内のアトラクションにて客が体の一部を挟まれ後遺障害が生じた。 約4,000万円 ゲームセンター 対人  施設の構造上の欠陥
ビルに設置されている貯水槽から漏水し、階下の特高変電室の高圧配電盤に濡れ損害が生じた。 約4,000万円 不動産賃貸 対物 施設管理の不備
道路歩行中、交差点にて乗用車を避けようと道路右側へ寄った際、砂地に足を滑らせ水路に転落、負傷。後遺障害が生じた。 約4,000万円 自治体 対人 施設管理の不備
幼稚園の遠足中、自由行動時間中に園児が遊具から転落し負傷、後遺障害が生じた。 約4,000万円 幼稚園 対人 監督責任
アンローダが、強風により船にぶつかり、マスト等が損傷。 約4,000万円 港湾 対物 施設管理の不備
花火工場より出火、火薬庫に延焼して火薬が爆発し、火薬庫のコンクリート片が四方に飛散して周囲数十件に損害を与えた。 約4,000万円 製造業 対物 施設管理の不備
学校の外壁が崩れ落ち、下にいた生徒が下敷きとなり負傷した。 約4,000万円 学校 対人 施設管理の不備
ゴルフ場で、客がティーショットをしたボールが隣りホールの別の客に直撃、負傷した。防護ネット等の防護策がとられておらず、ゴルフ場施設の瑕疵として賠償責任を負った。 約4,000万円 ゴルフ場 対人 施設構造上の欠陥
テナント事務所にて、排水口が塞がっている状態にもかかわらず誤って水を出しっぱなしにしてしまい、階下へ漏水。階下の別のテナントに濡れ損が生じた。 約4,000万円 その他サービス 対物 業務遂行上の不備
スポーツショップにて売り場に立てかけてあったスキー板が倒れてきて、客にあたり負傷、後遺障害が生じた。 約3,000万円 小売り 対人 施設管理の不備
借りている倉庫の扉を閉めた際、扉上部のスライド滑車がレールから外れ前方に倒れてきて、下敷きとなり負傷。後遺障害が生じた。 約2,000万円 不動産賃貸 対人 施設管理の不備

実際の事故例を眺めてみることで、自社のリスクについて見つめなおすきっかけにもなると思います。

(注)当サイトでは保険について一般的と思われる内容を記載しております。個別具体的な保険契約内容についてはパンフレットや重要事項説明書、約款をご確認いただくか、保険代理店または保険会社へお問い合わせください。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

賠償責任保険カテゴリの最新記事