損害保険キホン

建築工事に関わる損害保険についてざくっと全体像を教えてもらえますか?

建築工事と損害保険は関係が深い!? 損害保険は偶然かつ突発的な事故によって何かしらの金銭的損害を被った場合に、保険金にて補てんを受けることができる商品ですが、とりわけリスクの高い業種の一つと言われているのが建設関係です。 工事中は重機や車両が入ったり、同時に元請会社や複数の下請会社の方々が入り乱れて […]

保険料の算出基礎数字ってなに?

保険料は算出基礎数字を基に計算される 企業で損害保険を担当している方なら、損保の見積もりを依頼する際、保険代理店または保険会社から「保険料算出基礎数字として●●●を教えてください」と依頼されたことがあると思います。 たとえば、施設賠償責任保険なら、その施設の延床面積だったり、工場なら賃金総額だったり […]

損害保険代理店の手数料はどれくらい?

損保代理店の手数料と代理店の存在意義 お客さんからあまり直接聞かれることはないのですが、保険料のうち代理店の手数料はどれくらいなのか気になる方もいらっしゃると思います。 ネットで検索すると、損害保険の場合、保険料の15~20%が代理店の手数料として一般的というサイトもありますが、概ねそんな感じだと思 […]

【火災保険】保険料率が上がる場合、保険料UPはどうしようもないですか?

2019年秋に火災保険料は上がる見込み 日経新聞(2018/11/13)によれば、2019年秋にも大手損害保険会社は、火災保険料を平均5%程度引き上げる方針、とのこと。 火災保険は、概ね3~5年スパンで料率改定が行われることが多く、前回の改定は2015年10月でしたので、タイミング的には一般的かなと […]

運送業者に荷物を預けたらそこから荷主としての保険は不要ですよね?

運送業者から賠償を受けられないケースもある 製造業や商社も含めた卸売業、小売業などでは、日々、商品・製品等の物流業務が行われています。 勘違いしやすいところだと思いますが、時々「運送業者に荷物を預けたら、そこからは運送業者の責任ですよね?」という質問を受けることがあります。 確かに、預けた荷物を目的 […]

【火災保険】復旧に時間がかかる場合、保険金の一部内払は可能ですか?

相談すれば保険金の一部内払に応じてくれることもある 企業の火災保険契約で、大きな保険事故が起きた場合、復旧まで何か月も(時には1年以上)要することがあります。 生産のためラインを止められないので本復旧が数か月後になるとか、機械設備が特注品のため製作に数か月かかるとか、他の設備投資計画と関係しており復 […]

保険料の支払方法はどんなものがありますか?

損害保険契約をするときには契約者は保険料を支払う必要がありますが、保険料の払い方にはいくつかの方法があります。 保険会社または保険商品によって選べる払方が異なりますので、実際の契約の際はパンフレットや、保険代理店または保険会社へご確認ください。 代理店へ現金払い 今では様々な保険料払込方法があります […]

損害保険の契約者、被保険者、記名被保険者、所有者はどうちがう?

保険が分かりにくいのはなぜか? 「保険はよく分からない」と皆がいいます。 それはなぜか? まったくわたしの個人的な見解ですが、理由が3つあると思います。 1.加入している人が多い。 多くの大人が保険に加入していますし、法人なら当然何かしらの保険に加入しています。人数が多ければ、「分からない」と表明す […]

団体契約と団体扱い契約はどう違うのですか?

団体契約とは? 損害保険では(生命保険でも)、団体契約と団体扱い契約があります。 言葉としてすごく似ているので違いがよく分からなくなりがちです。 団体契約とは、たとえば10名以上加入者がいるなど一定の要件を満たす企業などの団体が契約者となって、その企業に属する従業員などを加入者(被保険者)として締結 […]

損害保険の解約、解除、取消し、失効、無効、キャンセルはどうちがう?

損害保険を契約しても何らかの理由で契約が有効でなくなることもあります。 保険の対象物件が譲渡などによりなくなったなど、保険が不要になったので、契約者から解約を申し出る場合や、何らかの理由で保険会社から契約を解除する場合などがあります。 損害保険契約が有効でなくなる場合として、解約、解除、取消し、失効 […]

損害保険会社が破綻したら保険契約はどうなりますか?

損害保険会社が破綻したら損害保険契約者保護機構の出番 銀行が破綻したらペイオフ方式によって元本1,000万円までは最低保護される仕組みです。 では、損害保険会社が破綻したら、保険契約はどうなるのでしょうか? 東京海上日動TAPのパンフレット兼重要事項説明書には以下のように記載されております。 保険会 […]

会社の損害保険契約一覧表

損害保険契約一覧表 会社で契約している(損害)保険を一覧表にすることがあると思います。 いろんな形式があると思いますが、わたしは、A4一枚に収まる感じがちょうど良いかなと思っています。メンテナンスもしやすいし、他の方に説明するときにもちょうど良いサイズではないかと。 保険一覧表サンプルを貼っておきま […]

損害保険を途中で解約したら保険料は戻ってきますか?

自動車保険や火災保険などの損害保険契約において途中で保険が不要になる等の理由で解約をすることがあります。損害保険契約を途中で解約すると基本的には残りの期間に応じた保険料が返還されます。ただし保険料の返還のされかたは保険種類や保険会社、残りの保険期間または解約事由によって計算方法が変わります。 解約に […]

そもそも損害保険はどうやって始まったんですか?

日本の損害保険のはじまり 日本では明治時代に福沢諭吉がアメリカから保険を輸入したとされています。明治元年頃のことです。 1879年(明治12年)に東京海上(現・東京海上日動火災保険)が設立され、日本の損害保険ビジネスがスタートしました。発起人は渋沢栄一で、資本金の1/3は岩崎弥太郎が出資しました。社 […]

世界の保険ブローカーと日本の保険代理店はどう違う?

世界の10大保険ブローカー 日本で自動車保険、火災保険などの損害保険を契約する場合、9割以上が保険代理店を通じて契約しています。 (損保協会ファクトブック2017より) 代理店の種類は、ディーラーなどの自動車関連が約50%、不動産業が約12%、専業代理店が約21%、その他大企業内の代理店(インハウス […]

保険代理店と保険ブローカーはどう違うの?

日本の損害保険契約は圧倒的に保険代理店扱いが多い 損害保険を契約する場合は、主に3つのルートがあります。 1.保険代理店 2.保険ブローカー(仲介人) 3.保険会社直扱い (※日本の損害保険ファクトブック2017より) 保険会社直扱いの中には、ダイレクト系自動車保険も入っていますので、それを除けば日 […]

モノ保険とはどんなモノ?

モノ保険とはなにか 損害保険は大きく分けると4つに分類されます。 ・モノ保険 ・人保険 ・賠償保険 ・利益保険 (ただし、これに分類できないものもある) モノ保険とは、言い換えれば自社で所有しているものを対象とした保険となります。 モノ保険というのはいわばカテゴリーであって具体的な商品名でなく、モノ […]

損害保険の確定精算はどうして必要なの?

確定精算の考え方 損害保険契約には「確定精算」をする契約方式があります。 損害保険契約時には、必ず、保険料を算出するための「保険料算出基礎数値」というものを確認し、算出基礎数値に基づいて保険料が計算される仕組みになっています。 ▼算出基礎数値の例 保険種類 算出基礎数値 火災保険 保険金額(新価また […]

損害保険の新価と時価ってなんですか?

モノ保険は新価(再調達価額)か時価どちらかをベースにする 火災保険や地震保険、動産総合保険、機械保険、運送保険など自社の「所有物件」に対する保険をいわゆるモノ保険と呼んだりします。自動車保険の車両保険部分もモノ保険ですね。 ▼人保険、物保険、利益保険、賠償責任保険の解説など それらモノ保険を契約する […]

リスクに対応する方法にはどんな種類がありますか?

ビジネスを行ううえでは、様々なリスクを想定しておく必要があります。 自社のリスクの全体把握についてはビジネスへの影響が大きいものと小さいもの、発生頻度が多いものと少ないものというマトリックスがよく用いられます。 業種や規模、立地等の環境によってリスクの大小・発生頻度は異なるでしょうが、一度、自社を取 […]

損害保険代理店の役割はどんなことですか?

損害保険代理店の位置づけ 日本の損害保険は明治時代に福沢諭吉がアメリカから輸入してきたと言われています。 保険会社は保険商品を開発し、販売は全国各地の有力者に委託し保険代理店(当時は”代弁店”と称されていた)として販売活動を行ったのが始まりとのこと。 現在でも保険代理店が取り […]

保険料と保険金額ってどう違うんでしたっけ?

間違えやすい「保険料」と「保険金額」 言葉として使い間違いやすいのが「保険料」と「保険金額」です。 企業で長年保険に携わっている方でさえ、保険料と保険金額を使い間違えていることが多々あります。 それだけ日常的に保険のことに関心が薄く、関心が薄いということは保険事故も少ないので、むしろ良いことの裏返し […]

損害保険って何?

保険の種類 保険の種類には大きく分けて、国の制度である「社会保険」と民間の保険会社が提供する保険の2つがあると言えます。 健康保険や年金(保険)、雇用保険は社会保険の分野です。 一方、自動車保険や火災保険、生命保険、医療保険などは民間の保険となります。 民間の保険は大きく分けて、生命保険会社が提供す […]