富士山が噴火したら?どこまで保険がつかえるか

富士山が噴火したら?どこまで保険がつかえるか

富士山が噴火したらどうなる?

富士山といえば江戸時代の宝永噴火が有名です。江戸でも爆発したときの空振が感じられ、火山灰の影響で日中でも暗くなり、千葉の房総半島まで火山灰が降り注ぎ、農作物は大被害、人々の健康被害もあった上、完全な復興まで30年かかったと言われています。

2018年7月30日毎日新聞の記事によれば、現代において、宝永噴火と同程度の噴火が起きたとしたら、風向きなどの条件によっては東京都心部でも10センチ以上の降灰があるとのシミュレーションで、神奈川、静岡、山梨、東京において火山灰は最大30センチ~1メートル積もり、千葉、埼玉、茨城は最大10~30センチ積もる可能性があるとのこと。

火山灰は5ミリ積もると鉄道の運行ができなくなるとされます。車の運行も困難になり物流がマヒ、食糧不足が生じ、また、エアコンなども目詰まりするので使えないし、そもそも大規模停電のおそれもあります。政府はこの秋までに有識者検討会にて富士山の降灰対策を考えるようです。

↓気象庁HP「富士山 有史以降の火山活動」より(▲は噴火年を示す)

年代 現象 活動経過・被害状況等
▲781(天応元)年 噴火 8月。降灰。
▲800~02(延暦19~21)年 噴火 800年4月15日噴火、降灰多量、スコリア降下、溶岩流。噴火場所は北東山腹。
801年も噴火し、降灰砂礫多量、足柄路は埋没、802年に箱根路が開かれた。(VEI3)
826または827(天長3)年 噴火? 詳細不明。
▲864~66(貞観6~7)年 大規模:噴火 864年6月に噴火、降砂礫多量。噴火場所は北西山腹。
長尾山付近から溶岩流出(青木ケ原溶岩)、北西に流れたものは本栖湖に達し、また「せのうみ」を精進湖(しょうじこ)、西湖(さいこ)に二分、北東に流れたものは吉田付近に達する。この溶岩で人家埋没、湖の魚被害。噴火の最盛期は噴火開始約2ヶ月程度まで。マグマ噴出量は1.2DREkm3
870(貞観12)年 噴火? 詳細不明。
875(貞観16)年 噴気 詳細不明。
▲937(承平7)年 噴火 噴火場所は北山腹。スコリア降下、 溶岩流。
952(天暦6)年 噴火? 詳細不明。
993(正暦4)年 噴火? 詳細不明。
▲999(長保元)年 噴火 3月26日。詳細不明。
1017(寛仁元)年 噴火? 詳細不明。
1020(寛仁元)年 火映 秋。
▲1033(長元5)年 噴火 1月19日。スコリア降下、溶岩流。噴火場所は北山腹。
▲1083(永保3)年 噴火 4月17日。
1427(応永33)年 噴火? 詳細不明。
▲1435または1436(永享7)年 噴火 スコリア降下、溶岩流。噴火場所は北山腹。
▲1511(永正8)年 噴火 8月。
1704(元禄16)年 鳴動 2月4~7日。
▲1707(宝永4)年 大規模:噴火 12月16日噴火(宝永噴火)。軽石・スコリア降下。噴火場所は南東山腹(宝永火口)。
噴火1~2ヶ月前から山中のみで有感となる地震活動。十数日前から地震活動が活発化、前日には山麓でも有感となる地震増加(最大規模はM5級)。12月16日朝に南東山腹(現在の宝永山)で爆発し、黒煙、噴石、空振、降灰砂、雷。その日のうちに江戸にも多量の降灰。川崎で厚さ5cm。
噴火は月末まで断続的に起きたが、次第に弱まる。家屋・農地が埋まった村では餓死者多数。
初期はデイサイト、その後玄武岩のプリニー式噴火。江戸にも大量の降灰。噴火後洪水等の土砂災害が継続。マグマ噴出量は0.7 DREkm3。(VEI5)
1708(宝永5)年 鳴動 10月28日。詳細不明。
1708~1709(宝永5~6)年 火山活動? 鳴動、降灰? 詳細不明。
1825(文政8)年 噴気、鳴動 時折。
1854~1855(嘉永6~7)年 噴火?熱? 詳細不明。
1895(明治28)年 噴気? 山頂火口縁東部の噴気活動活発化?
1897(明治30)年 噴気 山頂で噴気活動。温度は82℃16。
※この頃以降荒巻には噴気があったとの記録多数あり。
1914(大正3)年 噴気? 山頂火口縁南東部に新たな亀裂と噴気?
1923(大正12)年 噴気? 山頂火口縁北東部と北西火口縁(山頂火口壁)に新たな噴気?
※1936(昭和11)年頃から次第に活動は低下。1957年の調査16では、噴気温度は約50℃。その後1960年代まで続いたが、1982年の気象庁の観測では噴気は見られなかった。なお、山頂以外では、1957年に宝永火口、須走登山道3、7合目で地熱があったとの報告もあるが詳細は不明。
1926(大正15)年 地震 8月13日。震央は富士山南東麓。
1987(昭和62)年 地震 8月20~27日。山頂で有感地震4回(最大震度3)。
2000(平成12)年および2001(平成13)年 地震 2000年10~12月。2001年4~5月。深部低周波地震の多発。
2008~10(平成20~22)年 地殻変動 8月~10年初め。GPS連続観測から地下深部の膨張を示すと考えられる伸びの変化が観測されたがその後終息。
2011(平成23)年 地震 3月15日22時31分、静岡県東部(富士山の南部付近)でM6.4。その震源から山頂直下付近にかけて地震が増加。その後地震活動は低下しつつも継続。

富士山は、記録が確認できる範囲では、数十年ごとに噴火していた時期が続き、その後、1435年の噴火までは350年程のブランクがあり、1707年の宝永噴火までは200年弱のブランクがあります。宝永噴火から現在までは300年以上のブランクとなっているので、そろそろ噴火してもおかしくないと考えるべきなのでしょう。

損害保険はどこまでつかえるのか?

降灰による食糧不足や健康被害、停電のさなか、保険がどれだけの有用性をもつのか、または幾ばくかの保険金をもらったところでどうしようもないのかもしれませんし、そもそも保険会社との連絡がつかなくなる可能性もありますが、企業が被る被害と保険の関係について確認してみましょう。

噴火・噴石等による物的被害
事業用物件に対する地震保険に加入している場合、対象物件の物的被害についてはその復旧費用が保険金として支払われます。

降灰による被害(除去費用)
2017.1東京海上日動企業財産包括保険約款には、地震危険補償特約の補償内容について以下のように記載があります。

①地震または噴火による火災、破裂または爆発によって生じた損害
②地震または噴火によって生じた損壊、埋没または流失の損害
③地震または噴火による津波、洪水その他の水災によって生じた損害損壊とは、滅失、破損または汚損をいいます。ただし、噴火による火山灰の付着、混入、堆積等またはそれらの疑いがある場合を除きます。
汚損とは、財物が予定または意図されない事由により汚れることに伴い、その客観的な経済的価値が減少することをいいます。

噴火による降灰については、単に建物に付着したものを除去する費用は支払いの対象外になりそうです。「混入」もダメだとすると、エアコンなどのフィルターに目詰まりしたものも保険金の支払対象外とされるのか、または「汚損」として保険金支払対象になるのか、見解が分かれそうです。

営業収益の減少
地震・噴火・津波による収益減少に備えた利益保険に加入していれば、事故によって得られなかった利益分について保険金が支払われる可能性があります。ただし、地震・噴火・津波に対する利益保険は保険会社の引受が厳しいため一般に普及していない状況です。

人的被害
2017.1損保ジャパン日本興亜の傷害総合保険約款には以下のように記載があります。

17.天災危険補償特約
第1条(保険金を支払う場合)
当会社は、この特約により、普通保険約款第2章傷害条項第2条(保険金を支払わない場合-その1)⑴の⑩および⑫の規定にかかわらず、次の①または②に掲げる事由のいずれかによって生じた傷害に対しても、普通保険約款およびこの保険契約に適用される他の特約の規定に従い普通保険約款第2章傷害条項の保険金を支払います。
① 地震もしくは噴火またはこれらによる津波
② ①の事由に随伴して生じた事故またはこれらに伴う秩序の混乱に基づいて生じた事故傷害には、身体外部から有毒ガスまたは有毒物質を偶然かつ一時に吸入、吸収または摂取した場合に急激に生ずる中毒症状(注2)を含みます。ただし、細菌性食中毒およびウイルス性食中毒は含みません。
(注1) 急激かつ偶然な外来の事故以下本章において「事故」といいます。
(注2) 中毒症状 継続的に吸入、吸収または摂取した結果生ずる中毒症状を除きます。

傷害保険や労災総合保険には地震・噴火・津波によるケガに備えるための特約が用意されています。上記をみると、噴火により(噴石などがあたり)直接的にケガをした場合は保険金の支払対象になりますが、灰の継続的な吸入による健康被害については保険金の対象外となりそうです。

(注)当サイトでは保険について一般的と思われる内容を記載しております。個別具体的な保険契約内容についてはパンフレットや重要事項説明書、約款をご確認いただくか、保険代理店または保険会社へお問い合わせください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

巨大災害カテゴリの最新記事