損害保険会社はどこを選んだらよい?

損害保険会社はどこを選んだらよい?

損害に対する保険を扱う会社の種類

損害保険を取り扱う会社群は大きく3つに分かれますが、このサイトでは「損害保険会社」を対象として取り上げていきます。

損害保険会社 東京海上日動、損保ジャパン日本興亜、三井住友海上など金融庁管轄の一般の損害保険会社
各共済 JA共済、各都道府県民共済、全労災、トラック共済など 
(※共済に加入するためには組合員になる必要がある)
少額短期保険会社 死亡保険金は保険金額300万円まで、損害保険は保険金額1000万円までと制限がある。

損保見積もりではその分野に強い保険会社3社前後を比較しよう

2018年時点で日本損害保険協会に加盟する損害保険会社は26社、外国損害保険協会に加盟する外資系の損害保険会社は20社と多くの損害保険会社が日本で営業をしています。

しかし実際にはその企業がつきあいのある保険代理店が、損害保険会社1社専属の場合もありますし、複数社の損害保険会社を取扱う代理店だとしても、手間や効果を考えると現実的には最大10社程が選択肢の限度になると思います。

保険会社にはそれぞれ得意分野・不得意分野があり、たとえば「大規模火災保険に強い」とか「団体傷害保険に強い」とか「自動車保険は弱い」とか「特殊な賠償責任保険に強い」とかあります。そうすると、ひとつの保険設計につき実際は、その保険引受を得意とする保険会社3社前後の見積もりを比較すれば高い確率でリーズナブルな保険契約ができることが多いです。

ちなみにダイレクト系の自動車保険には法人で契約できるところは限られており、個人が加入するほど保険料は安くならないようです。なお、ダイレクト系の保険会社では10台以上まとめて契約するフリート契約はできません。

一般の企業が損害保険会社を選ぶ際には以下のうち「総合型の損害保険会社」または「主な外国損害保険会社」から選ぶことが多いでしょう。

総合型の損害保険会社 収入保険料
(百万円)
備考
損害保険ジャパン日本興亜株式会社 2,165,694
東京海上日動火災保険株式会社 2,116,121
三井住友海上火災保険株式会社 1,469,699
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 1,200,525
AIG損害保険株式会社 484,817 AIU+富士火災の合計
共栄火災海上保険株式会社 166,217 農協系
日新火災海上保険株式会社 140,118
セコム損害保険株式会社 43,868
朝日火災海上保険株式会社 36,619 2018.7から「楽天損保」に社名変更
大同火災海上保険株式会社 16,353 沖縄
明治安田損害保険株式会社 15,259
主な外国損害保険会社 収入保険料
(百万円)
備考
チューリッヒ保険会社 36,359
Chubb損害保険株式会社 21,788
アリアンツ火災海上保険株式会社 617
スイス損害保険会社 483
ダイレクト自動車保険系 収入保険料
(百万円)
備考
ソニー損害保険株式会社 100,274
アクサ損害保険株式会社 49,929
三井ダイレクト損害保険株式会社 37,653
セゾン自動車火災保険株式会社 33,223
イーデザイン損害保険株式会社 25,723 東京海上グループ
SBI損害保険株式会社 23,166
そんぽ24損害保険株式会社 13,312
その他 収入保険料
(百万円)
備考
トーア再保険株式会社 174,970
日本地震再保険株式会社 114,114 家計地震保険の再保険
アニコム損害保険株式会社 28,068 ペット保険
ジェイアイ傷害火災保険株式会社 15,982 JTB+AIG 旅行保険
アイペット損害保険株式会社 10,067 ペット保険
au損害保険株式会社 6,102 あいおい+KDDI
日立キャピタル損害保険株式会社 3,653 長期所得補償保険
エイチ・エス損害保険株式会社 3,092 HIS系 旅行保険

(※収入保険料は2017.3期)

結局、損害保険会社はどこを選んだらよい?

迷った場合は3メガ損保(東京海上、損保ジャパン日本興亜、三井住友海上)あたりなら間違いは少ないかもしれません。ただし、他の保険会社の見積もりを取ってみると意外にリーズナブルな引受をしてくれる場合もあります。

重ねての言及になりますが、保険会社には得意分野と不得意分野があり、保険商品や、対象物件の規模によっても引受条件が異なるし、常に機械的に保険料が算出されるわけでもなく、恣意的な値引きもあります。

どんな商材でもそうですが、料金を比較することでリーズナブルな購買ができると思いますが、保険において契約者の中には「保険はどこで加入しても一緒でしょ?」という昔ながらの認識のままの方もいらっしゃいます。保険は1998年頃の「商品・料率の自由化」以降、各社研鑽しながら商品開発を進めておりますので、特に企業の損保契約においては比較をすることで1~2割安くなることはザラで、場合によっては半額になるケースもあります。

「つまり、損保は〇〇保険会社がいい!」とは言い切れないもので、企業が保険契約を検討する際には、(保険料規模等にもよりますが)できれば外国損害保険会社も含めて数社見積もりを取ってくれるよう保険代理店に依頼し、比較できると、よりリーズナブルな保険契約になるでしょう。特に保険料を年間数十万円以上支払っていて、過去の保険事故が少なく、数年見直していない場合は、比較によるメリットが大きいかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

損保会社カテゴリの最新記事