火災保険の対象に門や塀は含まれますか?

火災保険の対象に門や塀は含まれますか?

火災保険の対象物件として見落としがちな「門塀」

火災保険契約において、門や塀等が含まれているかきちんと確認していますでしょうか?

以前、前任者から引き継ぎをした契約で、門塀等について「含まない」としていた一般物件(賃貸用建物)を対象にした火災保険がありました。

保険更新の際に確認したところ、門塀等については、顧客の意向で含まないとしていたわけではなかったので、固定資産台帳で保険金額も確認し、門塀も含むとして契約をしました。

そして数か月後に風災により門が被害を受ける事故があり、問題なく保険金を払うことができました。

もし更新の際に気づいていなければ保険金を払うことはできなかったでしょう

契約している火災保険の対象物件に門塀等も含まれているか、もし不安な場合は一度確認してみることをお勧めします。

工場物件は門塀垣を抜き出して保険金額を設定する必要がある

物件種別によって、保険の対象に門塀を含める方法が微妙に異なります。

物件種別

物件定義

門塀等の含め方

住宅物件

住居のみに使用される建物および収容動産

建物の保険金額に含めて、門塀等含めると明記する

一般物件

住宅物件、倉庫物件、工場物件でもないもの

倉庫物件

倉庫業法に基づいて倉庫業を営む倉庫業者が専有する敷地内の倉庫建物、保管貨物

工場物件

一定規模以上の動力、電力、作業人員のある工業上の作業を行う施設

門塀等は別個に保険金額を定めて明記する

(※工場物件でも建物に含めて契約してOKという保険商品もありますので、実際の契約の際はよくご確認ください。)

工場物件だけ、門塀等について別個に保険金額を定める必要があるのは、敷地が広い傾向があり、門塀等の保険金額も比較的大きく、簡便に建物に含める方法が妥当ではない、ということなのだと思います。

(注)当サイトでは保険について一般的と思われる内容を記載しております。個別具体的な保険契約内容についてはパンフレットや重要事項説明書、約款をご確認いただくか、保険代理店または保険会社へお問い合わせください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

火災保険カテゴリの最新記事