【火災保険】復旧に時間がかかる場合、保険金の一部内払は可能ですか?

【火災保険】復旧に時間がかかる場合、保険金の一部内払は可能ですか?

相談すれば保険金の一部内払に応じてくれることもある

企業の火災保険契約で、大きな保険事故が起きた場合、復旧まで何か月も(時には1年以上)要することがあります。

生産のためラインを止められないので本復旧が数か月後になるとか、機械設備が特注品のため製作に数か月かかるとか、他の設備投資計画と関係しており復旧方針が固まらないとか、台風により被害多数のため業者が対応してくれるのが数か月先など、理由は様々です。

修理箇所が何か所もあって、一定のところまでは保険査定が終わっているけど、残りの分については査定がまだ先になる、ということがあります。

企業の場合、キャッシュが足りるか足りないかという問題も考えなくてはなりませんが、決算対応のため●月末までに保険を払ってほしい、というニーズも時にはあって、「決まっている分だけでも先に保険金を払ってもらうことはできますか?」と質問を受けることがあります。

保険会社としては、できれば1回にまとめて請求してもらいたい、という基本方針がありますが、状況によっては保険金の一部内払を了承してくれることもあります。

ちなみに損害保険協会の『損害保険の保険金支払に関するガイドライン』では、自動車保険の事故対応について、以下のように記載しています。

対人賠償事故においては、被害者より治療費・通院交通費・休業損害等の保険金内払いの必要性・要望等を十分確認し、連絡方法等、今後の進め方について丁寧な打合せを行う等、被害者保護に欠けることのないよう、適切な対応を心がける

対人事故の場合、相手がケガをしているため細心の注意を払って事故対応していく必要がありますが、被害者の要望等に応じて、内払いも行うような指針が出ていますし、実際、治療が数か月以上と長引くような事案の場合には、結構頻繁に医療機関等へ保険金を支払っています。

火災保険については、このガイドラインでは言及されていませんが、保険事故対応の基本的な心構えとしては同じだと思われます。

保険金の一部内払制度を公表している保険会社

AIG損害保険では、企業の火災保険事故でAIGが認める場合は、保険金の内払を行うことを公表しています。火災保険金の内払を公表しているのは、いまのところ損害保険会社でAIGのみとのこと。

しかしながら、1億円以上の損失が見込まれ、かつ事業継続が困難な場合であるとAIGが認める場合と、ハードルが高い印象です。

実際の運用はもっと柔軟に対応してくれるような気もしますが、他の損保会社ではもっと柔軟な対応を従来から行っているけど・・?という感じです。

契約者の中には、いわゆる「外資嫌い」という方もいらっしゃいます。HPによればAIGはもともとAIUとして1946年に損害保険事業としての日本支店を開設し70年以上の営業実績があったり、2018年には1918年設立の富士火災と合併もしています。

それでもなお外資っぽさというか、国内損保よりは距離感を感じてしまいますね。良い意味でも悪い意味でも。

ただし、ハマると競争力の高い独自の損保商品もありますので、健全な競争原理を機能させる意味としては、そのスタイルを貫いてほしい、という感じもします。

火災保険に限らず、事故時には良い対応をしてくれるので、わざわざこの発表をしなくても良かったんじゃないかなとも思います。

(注)当サイトでは保険について一般的と思われる内容を記載しております。個別具体的な保険契約内容についてはパンフレットや重要事項説明書、約款をご確認いただくか、保険代理店または保険会社へお問い合わせください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

損害保険キホンカテゴリの最新記事